2016.11.25 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.04.03 Friday

奥武蔵レクロゲイニング2009 参戦記

奥武蔵レクロゲイニングに参加してきました
ロゲイニング(ロゲイン)については下記参照
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/rika7/whatrogeining.html

チーム:森といつまでも
・Boss(クボタさん)
・ネモトくん
・たけぷー

ハセツネ10時間台の2人に
どこまで付いていけるかがポイント


[前日]
チームリーダーBossの呼びかけで
3時間の越生トレイルラン
レクロゲのポイントにもなっていた桂木観音・鼻曲山周辺を走る
3時間20分で17.0kmを走破
その後、温泉に入り46poohさん、サエさんと合流
Bossの坂戸の家に行き宴会開始
迷走名人さん・モグさん・しばやんさん・スミさん・あきさんが合流し
総勢9名の宴会
0時頃就寝


[スタートまで]
6時起床
朝食を取り
7時に出発
7時30頃に現地の高麗小学校に到着
体育館で受付を済ませ
知り合いに会って話をしたり準備をしたりして
8時30分に校庭に出て地図を受け取る

今回の地図はA3用紙3枚
1/25000地形図×2枚
1/15000オリエンテーリングマップ×1枚

スタート15分前の8時45分に地図の読図開始
ポイントの位置等を確認しプランニング
立てたプランは
スタート〜天覧山周辺〜天覧山下バス停〜(バス移動)〜
小殿バス停〜竹寺〜子の権現〜御嶽神社〜吾野駅〜(電車移動)〜
東吾野駅〜福徳寺〜ユガテ〜北向観音〜日和田山周辺〜ゴール

正直、自分自身、
”このプランで合計何ポイント取れる”とかはあまり考えていなかった・・・
まわりたいようにプランを立てた

[前半(スタート〜東飯能駅)]
9時にスタート
高麗小学校の校門を出ると参加チームは左右に分かれていった
最初のポイントは難なく取り
次のポイントの高麗峠へ
ここで早くも地図上での自分の位置を見失う
Bossに付いていきあっさり高麗峠到着
14も取っていったん山を下り
西武線を越えて天覧山エリアに入る
しばやんさん・スミさんチームとほぼ一緒
多峯主山→天覧山と周り
天覧山エリアのポイントを全部取る
天覧山下に10時05分到着
バスの時間が10時27分で時間的余裕があったため
東飯能駅まで走り途中のサイクルハウスみかみのポイントを取る
東飯能駅に10時15分到着
ここで名栗湖方面行きのバスに乗る



[中盤(小殿バス停〜吾野駅)]
バスに揺られること約40分
小殿バス停に到着
降りるとすぐに竹寺へ向けて山に入る
ずーーーと上りのup300m
山地図時間で1時間の行程を20分で上り竹寺通過
そこから子の権現に向かう
約35分後に子の権現到着
小殿バス停から子の権現まで
山地図で2時間20分のところを55分
”がんばったなぁ”

そこから御嶽神社へ向けて出発
子の権現下で46poohさん、サエさん、あきさんチームに遭遇
ちょうど御嶽神社から上がってきたところだった
46poohさんに
「道が難しいから地形を頼りに行くように」とアドバイスをもらう

しかし、5分後
早くも道を間違えに気づく
予定している尾根に取り付けない
途中で尾根に向かう道を発見し尾根に上がる
尾根上を少し行くと道がなくなり3人でルートを検討
一旦尾根から下りて御嶽神社には東郷公園よりアプローチすることにする

東郷公園に向かう途中
15分後に吾野駅から飯能方面への電車があることが判明
御嶽神社を取るとさらに約30分後の電車になってしまうので
御嶽神社をあきらめ吾野駅に向かう
吾野駅まであと1.5km地点で電車発車10分前
”5'00/kmで走れば余裕で間に合う”と思っていたが
電車線路沿いの山側は上りがありスピードが出ない
それでも追い込んで走り電車発車2分前に吾野駅に到着


[後半(東吾野駅〜ゴール)]
電車に乗る前にルートを検討した
御嶽神社をあきらめたため時間的余裕があった
そこで東吾野駅から天覚山に上ることに決定

東吾野駅に到着
入れ違いにつぢっこさん、まどかさんチームのとびだせガールズが電車に乗車
駅の改札を出て天覚山に向かう
途中から天覚山へのルートは
尾根ルートと沢ルートの2つがあった
”尾根の方が徐々に上がっているはず”と思い
尾根ルートを選択
しかし、決して楽なルートではなかった・・・
あとは急な上りでさらにアップダウンがあった
この天覚山への上りあたりから
上りでメンバーについて行けなくなってきた
積極的に飴をなめたりしてエネルギー切れを防ぐ
なんとか天覚山に登頂し
帰りは沢ルートを下りる
下りを走る力は残っているので
比較的楽しく走り下る

一旦東吾野駅に戻り
今度は西武線北側の山に入るため福徳寺を目指す
福徳寺を通過し、山に入るとやはり上りでメンバーについて行けず遅れる
上りの遅れを下りで取り返しながらユガテに到着
そこから北側の道路に向かいロードラン
先週の東京マラソンのおかげかロードは結構走れる

スカリ山へのアプローチポイントから山に入り
尾根上を行く
スカリ山手前で偽ピークに惑わされながらも
スカリ山を通過

再びロードランで北向観音通過
この時点で14時20分
残り40分

急いで日和田山を目指す
日和田山山頂下に14時45分到着
残り15分なのでポイントの日和田山山頂をあきらめ
ゴールを目指す
途中の10を取って急ピッチで下山

残り10分というときに
道を間違え沢の道に入り込んでしまう
”こうなったら強引に突き抜けるしかない”
たくさんの倒木を越えていく
足も限界に近いらしく
倒木を乗り越えるたびに攣りそうになる
沢道を抜けロードに出る
残り3分
ロードを必死に走る
そのときついに足のふくらはぎが攣る
走れず歩くと
Bossから「もう少しだがんばれ」との声が
その声に励まされ走る

約10秒間の信号待ちをして
ゴールを目指して走る
ゴール約500m手前で15時を迎える
ここからは1分につき50点減点
走り続けてついにゴール!!
制限時間を2分40秒ほどオーバー

制限時間には間に合わなかったけど
3人でゴールできたことにすごい満足感を得る

[所感]
今回はBoss・ネモトくんという
ハセツネ10時間台の2人と組んで参加

基本的には上り以外はすべて走り

中盤までは上りもついて行けたが
後半は厳しかった

下りは終始快調に走ることができ
マラソンのための練習が活きてきたことを実感

ハイドレーションを持たず
ペットボトルでの給水だったため
給水にかなり手間取った

6時間も行動したのに
500mlペットボトル2本携行のみ
しかも、結果的に900ml程度しか飲んでいなかった

終了後の温泉で体重を量ったら1.5kgほど減っていた
確実に給水ミスによるものだろう
中盤以降の上りの落ち込みも給水失敗によるものなのだろうか?


大会名:奥武蔵レクロゲイニング2009
主催:TEAM阿闍梨
日時:2009年3月29日(日) 09:00〜
場所:埼玉県飯能市周辺
天候:晴
クラス:6時間男子
記録:456点(606点-150点減点)
2009.01.24 Saturday

ジュニアチャンピオン大会 参戦記

オリエンテーリングの大会である
第26回ジュニアチャンピオン大会に参加してきました
今回で3回目の参加

クラスは最高峰のMAL1
昨年もMAL1に挑戦したが2時間20分以上かかってしまい
順位付かず・・・
(順位が付くのはトップタイム×2まで)
なので今回の目標は
【完走して順位を付ける】

今年の開催場所は八王子の滝山城址
駅からかなり離れていて
最寄駅からでも5kmくらい

せっかくなのでウォームアップを兼ねて
拝島駅からジョギングで行く
約7km 50分
途中で軽く雪も降った

会場に到着するとすでに何人かのアドベンチャー仲間が準備中
いろいろ話しをする

スタート地点は会場から約1km離れた山の中にあるので
準備をして早めにスタート地点に向かう

自分のスタートは10時51分
同時に4人がスタートする
4人ともクラスは違う

3,2,1,スタート!!

スタートしてすぐに地図を読むが
まったく頭に入ってこない
軽いパニック状態
とりあえず心を落ち着かせるため
まずは基本中の基本である地図の整置
地図の磁北線をコンパスの北と合わせる

その後改めて地図を眺め
なんとか△(本当のスタート)地点を見つけ現在位置を把握
そして1に向かって勢いよく走り出す

後ろを振り返ると
”誰もいないじゃん!!”
4人ともクラスが違うのは分かるが
1人くらいは同じ方向に走る人がいると思っていた・・・

シングルトラックを走り
地図と地形を照らし合わせながら
”ここだっ!!”というポイントから道をそれて斜面を駆け下りる
すると1発見!!
1/10000の地図に自分の距離感がまだ合っていないが
ある程度地図は読めている感じがする
”幸先いいぞー”

2へは道の無い最短距離よりも道を通って迂回することを選択
ここでストップウォッチをスタートさせてなかったことを思い出し
ウォッチスタート!!

2も難なく発見し
3は微妙な尾根の上にあったが少しのロスで発見
その後4,5と順当に取る

ここまでずーっと走り続けたが
年末年始の走り込みが功を奏しているのか
心肺的に苦しくなくまだまだいけそうな感じ

6は斜面途中にあるコブの上
最短距離を行くことを考えたが
途中にあるヤブが濃そうなので道を使って迂回する
迂回中に6に向かってヤブに挑んでいく人を発見
どうやらヤブに挑むのが最短だったらしく
自分が6に向かう途中にその人が6を取り終えて走ってくるところとすれ違う
”あっちのほうが早かったかぁ”

安全策を取って6に向かったものの
6があると思われる斜面で周囲を見回すが見つからず
さらに移動して周囲を見回すが見つからず
下りすぎたことが分かり上り返して周囲を見回すが見つからず
さらに上を見ると・・・
”あったぁぁぁぁぁ!!”
時間を掛け過ぎました
この区間タイムは6X位だった・・・

その後は順調に10まで取る
時計を見るとすでに2時間経過
順位が付くのはトップタイム×2なので
トップが1時間とすれば
順位が付く制限時間は2時間
もう順位が付くことは絶望的
せめて完走だけでもと思うが
規定では2時間30分を越えると失格
”あと30分しかないじゃん・・・”

意気消沈しても仕方がないので
とりあえず全コントロールをまわることだけを考え
気持ちを新たに走り出す

11〜14までを取り

ここでマップチェンジ
今回のMAL1は地図が
1〜14までは1/10000で15〜30は1/5000の地図という
2部構成になっていた
”やっと1/10000の地図の距離感に慣れてきたのに・・・”

1/5000の地図は1cm=50mなので
あっという間に地図内を移動してしまう
15に向かって走ったら
一瞬にして15に到着

16〜19も順調

20へ向かう途中に
ジャージ姿のおじさんと併走
体力的に自分のほうが若干上回っていたので先行する
20を取って21に向かう
すぐ後ろでおじさんも20を取る
21に向かって最短距離を狙うべく
ヤブを抜けて
斜面を上って
斜面を下って
道無き場所を走りまくる
ふと前をみると
左手から走ってくるのは
”おじさーーーーーん!!”

20前でがんばって先行したのに
見れば前にいるじゃん
おじさんの取ったルートの方が
省エネ最速ルートでした

その後は1/5000の地図にも慣れ
順調に30まで取って
ゴール!

時計を見ると2時間35分
時計をスタートさせるのが遅かったので
だいたい2時間45分くらいだろうか
目標にしていた順位が付くには遠く及ばず
失格の時間になってしまった・・・
とぼとぼ歩いて会場に戻る

会場に戻ると13時
”13時???”
自分のスタートが10時51分だったので
まだ2時間ちょっとしか経ってない
でも確かに自分の時計は2時間35分を示している
そこでよく考えた
その結果、会場までランニングしてきたときの時間(約50分)が加算されていたこ
とに気づく
そうすると1時間40分くらいでゴールしたことになる
”ついに順位が付いたー!!”

速報の結果
1時間35分57秒

オリエンテーリング競技者(オリエンティア)からすると
遅いタイムだが
自分的には大満足

後日、結果を見たところ
さらに嬉しことに
Lapで1位と2位の区間がそれぞれ1つづつあった


大会名:第26回ジュニアチャンピオン大会
主催:多摩OL
日時:2009年1月18日(日) 10:00〜
場所:滝山城址(東京都八王子市)
天候:曇
クラス:MAL1
記録:1時間35分57秒(37位/68人)


過去の参戦記
第25回ジュニアチャンピオン大会 参戦記(2008年)
第24回ジュニアチャンピオン大会 参戦記(2007年)
2008.02.05 Tuesday

百式[二十式] 参戦記

茨城県笠間で開催された百式に参加してきました。
しかし、残念ながら百式は雪のため中止でした。

百式(CP100個のオリエンテーリング)
http://www.o-news.net/100shiki/


[前日]
同じ和光に住むご近所のつかやんさんの車で
つかやんさん、スミソニアンさん、ねえさんと一緒に
会場近くに到着。

そこで「ぶたしゃぶ大会」を開催。
お腹一杯、美味しい豚しゃぶを食べて
エネルギーを充填
「明日はメガ・バズーカ・ランチャー(※)をぶっ放す勢いで走れそうだ」


[当日]
朝起きると、あたり一面雪景色
会場に到着すると
百式は【中止】とのこと
百式は中止だがミニレース[二十式]が開催されたので
ミニレースに参加。

最初は寒くてモチベーションがあがらなかったが
スタートして走り始めると
テンションup↑↑↑
CPを探して走り回る
足元は濡れていたが
そんなの構わず走る

夢中になって走って
ゴール!!
だいたい50分くらい

ゴール後
みんなが帰ってくるのを待っていたが
汗が冷えて寒くなってきたため
コースを逆走しようとしたら
遠くからスミソニアンさんとねえさんが来たので
2人に付いて廻る

2度目のゴール後
アドベンチャー仲間11人でご飯を食べに行き
アドベンチャー雑談をして楽しい時間を過ごし終了。



百式は中止になったけど
すごく楽しい2日間でした。
みなさん、おつかれさまでした。


※メガ・バズーカ・ランチャー
Zガンダムに登場するモビルスーツ百式の特徴的な武器
2008.01.20 Sunday

ジュニアチャンピオン大会 参戦記

多摩OLが主催のジュニアチャンピオン大会に参加してきました

昨年は中級クラスでの参加で完走したため
今回は無謀にも最高峰クラス(MAL1)に挑戦

今回はオリエンテーリングということで
荷物(装備)も軽量で快適と思い会場へ
その途中でふと気付く
”コンパス持ってきたかなぁ?”
いくら荷物準備の記憶をたどっても
コンパスのコの字も出てこない

完全にコンパスを忘れました・・・

オリエンテーリングをするためには最重要ツールの1つ
そのコンパスを忘れてしまい
モチベーションダウン
でも運良く会場でコンパスのレンタルがあったので一安心

会場に到着して
「まさたか君を救う会」への募金を手渡し
その後アドベンチャー仲間と合流

まさたか君を救う会
http://www.masatakakun.com/masatakakun/


着替えを終え
スタート時間が近い黒萬さん@だめーずとスタート地点へ
ほどなくしてスタート
スタート直後に地図を確認(たぶん5秒程度)
するとカメラマンのマサトさんから
「ずいぶんゆっくりしたスタートだなぁ」と言われる
”!?”
周囲を見回すと既にみんな数メートル前に行っている
慌てて走り出す

急斜面を登り山道に出たところで再び地図を確認するが
最近地図読みをしていないせいなのか
地図のイメージが頭にぜんぜん入ってこない

でも競技が始まったのでまずはCP1に向かって走る
道の分岐、植生界、尾根、沢
なんとなくイメージ通りに意図する場所に来た
周囲を見回すがポストが無い
”CP1はこの辺なんだけどなぁ・・・”

辺りを探してまわるが無い・・・
すると先のほうにポストが見えた
”あったぁ〜!!”
チェックしようとしたが念のため番号を確認
すると番号が違う!!
”なにぃぃぃぃぃぃ〜、CP1からロストォォォォォ”

こうなると泥沼
地図を見て現在位置を確認しようにも分からない
仕方なく現在位置が確認できた場所まで戻る
もう一度そこから今度はコンパスを使い
再びCP1へアタック
するとさっきよりもずいぶん手前の場所に向かうではないか!?
その1分後にはCP1を発見!!
”いきなりオーバーランしてしまったかぁ”

このCP1を発見するのに22分も要し意気消沈
ちなみにトップはCP1まで3分ちょっと


こんな感じで始まった今回のオリエンテーリング
最後まで地図読みの精細を欠き
大きなロストを5回くらいしてゴール
完全に心身共に疲れきってしまいました
(ロストしなくても完体力的にものすごーく劣っていました)


後で結果を見ると
2時間23分
トップが51分なので順位が付くタイム(トップタイム×2)に届かず
順位無し


オリエンテーリングの結果速報は早く
既に現時点(1/20 22:00)で発表されている
これはスゴイ!!

それを見ると
いろいろな計算から算出されたミスによるロスタイムが
【50分!!】
ロスタイムが表示されている中では断トツでした
無念・・・


体力的に劣っていたため
ロスタイムがなくなってもぜんぜん早いタイムではないのですが
このロスタイムを次回はグッと減らしたい

来年、懲りずに再びMAL1に挑戦するだろうなぁ


2007年 ジュニアチャンピオン大会参戦記
http://kiyoshi-s.jugem.jp/?eid=230
2007.04.04 Wednesday

奥武蔵ロゲイニング 参戦記

ロゲイン終了から1週間
やっと書きます


[スタートまで]
ブルベ400kmから帰ってきたのが8:36
すぐにロゲインの準備を始める
自転車スタイルからトレイルランスタイルへ
サポートタイツをはき
レインウエアを着て
レインハットをかぶる
マップケース、コンパス、行動食、水
すべて準備が整ったくらいのときに
チームメンバーのスミソニアンさん、のりさん、まどかさんがブリーフィングから帰ってきた
時間はすでに9:00を過ぎ
今回のマップをもらい
コースを聞くとすぐに出発


[スタート〜子の権現]
まずはちょっと遠いポイントの【子の権現】を目指す
そのため巾着田から高麗駅へ向かう
出発後すぐにブルベのシミズ一家がゴールに入ってきたので
挨拶を交わす
高麗駅から吾野駅へ電車で行く
電車に乗り座席に座ると睡魔が。。。
たった数分の電車移動だが寝てしまった
気が付くと吾野駅到着

今回のコンセプト
「平地、上りは走らない」

なので、吾野駅から歩いて子の権現を目指す
がんばって走っているチームもいたが
自分の身体は重くて走れない
東郷公園前まで平地で
そこからアスファルトの上り
進むほどに傾斜が増す
みんなで楽しく話しながら進むが
ちょっとづつ自分が遅れ始める
山道に入るとみんなのペースから完全に遅れてしまった

”身体が重い…”
ハセツネで第二関門後の御前山に上っているときくらい身体が重い
さらに汗が大量に出てくる
スタート時にまどかさんから水はもらっていたが
このままでは脱水症状になりかねないと思い
ポカリスウェットまでもらった

スミさん、のりさん、まどかさんはサクサク上っていく
その後姿を離れた位置から眺めて上る
重い身体を気合で押し上げゆっくり上る

そしてついに子の権現に到着
仁王像前で写真を撮って
チェックポイント通過


[子の権現〜東郷公園]
子の権現から今来た道を戻る
行きは上りがキツかったが
帰りは下り
先頭に出させてもらい
気持ちよく下る
下りきったところで一休み
みんなと合流し一緒にジョグで下りる
東郷公園に到着すると
3人が早速ポイントへ向かう
程なくしてポイントゲット!!


[東郷公園〜日和田山〜ゴール]
東郷公園のポイントをとった後は
再び電車に乗って
吾野駅から高麗駅へ戻る
高麗駅から日和田山の麓へ行き
そこからオリエン地図領域の日和田山へ入る
3人の後についていくが
疲れからか地図読みの精彩を欠く
”いまどこにいるの〜!!”

近くのポイントを取り
日和田山山頂ポイントへ
山頂への上りでも大量の汗をかく
山頂からは進路を西へ
2つポイントを取って
日和田山を下山

下山後は高麗中学校裏にあるポイントと
巾着田に架かる橋にあるポイントを取って
ゴールへ

ゴールは14:30頃
制限時間よりも30分早くゴール
ゴールではsusieさんが元気に出迎えてくれました
とても嬉しかったです


[所感]
まず、
「ブルベの直後のロゲインは危険」

寝不足と疲労により身体が重く
チームメンバーには申し訳なかったです
来年は自分がガンガン引っ張って行きます

それでも、今回のロゲインはとても楽しかった
ほとんど歩きということもあり
ほのぼののんびりすることができました


チームメンバーだった
スミソニアンさん、のりさん、まどかさん
本当におつかれさまでした
来年もぜひ!!
そのときは引っ張り回しますよ

参加できなかったイヲリさん
来年はぜひ参加ですね


もうブルベとロゲインの連闘はしません
2007.02.25 Sunday

駒沢オリンピック公園Park-O参戦記

2/24に
「駒沢オリンピック公園パークオリエンテーリング大会」に
参加しました


[スタートまで]
会場までは家から10km程度なので自転車で向かう
外は快晴、しかし強風
家を出て3分で異変が…
花粉症なので目と鼻の調子が悪くなる
12:30頃に会場に到着し受付を済まる
今回はロングの部で距離は3.7km
受付後、スミソニアンさん、norikoさんと合流し
susieさん、イトウさんに挨拶
着替えを済ませてスタートを待つ
最初にスミさんのスタートなので
norikoさんと一緒にスタートを見送る
次は自分のスタート


[スタート〜ゴール]
スタート後地図を見てCP1の確認
見れば100mくらい先のポールの陰にあるポイント
そっちの方向を見ると…
「あれかっ!!」
見える、見える
山とは違い基本平地なのでポイントが見える
CP1に向かって猛ダッシュ!!
次はCP2はさすがにCP1からでは目視できない場所だったが
地図を見てCPの場所が特定できると猛ダッシュ
そんな調子でCPを取って行くが…
CP5くらいにはバテバテ
ペース配分を間違えた
それでも地図を片手にゼイゼイ言いながら走る

地図を持った人が縦横無尽に走り回っているのだから
”駒沢公園をジョギングしている人も不思議がってるだろうなぁ”

バテた状態でその後も走り回る
CP10のときに大きなミスをしてタイムをロスしたが
CP20まで回りゴール!!
タイムは28分44秒


[ゴール後]
先にゴールしていたスミさんとnorikoさんのゴールを待つ
今回は希望すればもう1回出走することが可能なのだが
スミさんも自分ももう満足(足がパンパン)
ほどなくしてnorikoさんもゴール
その後表彰式を見て
3人で遅い昼食を食べ、シフォンケーキを食べ
大満足!!

やっぱり運動後はスイーツでしょ!!
2007.01.23 Tuesday

ジュニアチャンピオン大会参戦記

※長文なので気が向いたら読んでください

初めてOLに挑戦
OLとはオリエンテーリングの略
(ドイツ語のOrienterungs Lauf(方向を定めて走る)の略らしい)

[スタートまで]
前日は緊張していたのか睡眠時間2時間
西武池袋駅7:30の集合時間に合わせ出発
ちょっと早く着いたのでコーヒーショップに入り
”イヲリさん@飛び出せガールズ”と合流
ほどなくして”まどかさん@飛び出せガールズ”も到着
3人で発車直前の西武池袋線に乗り車両を移動していると
”スミソニアンさん@飛び出せガールズ”と合流
さらに目的地の高麗駅までに
”よりこさん@飛び出せガールズ”・”のりこさん@飛び出せガールズ”と合流
総勢6人(飛び出せガールズ5人)で受付場所の高麗小学校へ
途中のコンビ二でマサトさん、Sueさん夫妻に会う
のりこさん、よりこさん、自分は当日申し込みのオープンクラス
自分は上級のAクラスと中級のBクラスで悩み
結果的に走る距離が一番長いBクラスのランナー向けクラス
【OBR】に申込む
待機場所の体育館の前でsusieさんに会い挨拶
その後マサトさんのOL初心者講習を受け
再び受付へ行きスタート時間が決定
体育館に入って着替えてると
”Daiさん@RD”が到着
これで全員集合!!
本当は”のりさん@飛び出せガールズ”が参加予定だったが今回は不参加でした
着替えを済ませてよりこさん、のりこさんとスタート地点へ向かう
小学校からスタート地点まで1.5km離れているので
各自スタート時間に合わせて体育館を出て行く

スタート地点に行く途中で埼玉の名所【巾着田】を通る
「ここが巾着田かぁ〜」
オダックス埼玉主催の自転車のロングライドであるブルベの発着点が
この巾着田だったのでその存在は知っていた

巾着田を過ぎ山道に入り上っていくとほどなくしてスタート地点に到着
スタート直前にsusieさんとイトウさんに会う

オリエンテーリングはスタートするまで地図を見てはいけないので
スタート時間が来るまで地図を裏返しにして地面に置く


[スタート〜ゴール]
スタートと同時に地図を拾い読む
読みながら走りCP1の場所を確認する

CP1:道の分岐
道沿いに進みいきなりCPがあった
「これかっ!!」と見るが他のクラスのCPだった
ここで地図を読み直すが冷静さを失い一瞬場所がわからなくなる
まだスタートして100m足らずなのに…

CP2:道の分岐の西
CP1から階段を上がる
すでに息があがっている
自分の位置もあいまいで確信がない
階段を上がりきった場所で
「!?」
「まったく地形を見てないじゃん!!」
冷静さを失い完全に道しか見ていないことに気付く
少し冷静になって地形を見てCP2を発見

CP3:沢
CP2を出てすぐに見つかる

CP4:岩の北側
CP3から一旦沢を下る
ここで今日初めてのルート選択
CP4に向かうため反対側の尾根に上るか
沢を上がっていくかで悩み
沢を上がるルートを選択
途中から道をそれて少し上ってCP4

CP5:沢
CP6:尾根
CP7:沢
CP4から道を走りCP5へ
そこからコンパスを頼りに直進してCP6
さらにコンパスを頼りに直進してCP7

CP8:沢
CP7からCP8は直線距離で約500m
直進すると途中3つの沢を渡りアップダウンも激しい
さらに通行可能度を示す色も濃い目なので
「ここは迂回するしかない」と思い
グルっと大回り
ほどなくしてCP8に到着

CP9:ピーク
CP10:土崖
CP8〜9の区間が今回一番長い
直線距離で約1000m
しかし道沿いで迷うことはないので
上りは歩き下りは激走
とても気持ちがいい区間だった

CP11:谷
CP10を出て沢沿いを走っていく
「このまま沢を上がっていっていいのか?」と自問
地図を見ると枝沢に入らないとならない
自分は分岐を見逃し100mほどオーバーラン
戻って枝沢に入る
ここからのルートが今回一番荒れててキツかった

CP12:ピーク
CP11から尾根上の道にあがりCP12を目指す
「なんだか体に力がはいらないなぁ」
考えると朝から何も食べていないことに気付く
気力で走ってCP12

CP13:道の分岐
CP13へいく途中に給水所があり非常に助かる
CP13の上に位置する場所から斜面を直進して下る

CP14:岩崖
CP13から道を走り
途中からコンパス直進

CP15:岩
CP14からコンパス直進

CP16:岩
沢沿いの道を走っていると右側に岩が見つかり
地図と見比べCP16であることを確信

CP17:道の分岐
CP16から尾根の反対側にある道に出て上っていくとCP17
ここで写真を撮っていたSueさんに会う

ゴール
CP17からゴールまでは約40m
しかしどっちに行けばいいかわからなくなる
Sueさんを見ると「ゴールはあっち」と指をさしてくれた
目の前にビニールテープが張ってあるではないか!!
ここで初めてまったく周りが見えていないことがわかった
たぶん周囲5mくらいしか自分には見えていなかった…
そして無事にゴール!!
時間は1時間11分

[ゴール後]
のりこさん、よりこさんと合流
Sueさんと少々立ち話をして体育館へ引き上げた
体育館にはどんどん速報が張り出される
その早さに驚いた
その後続々とみんなが帰ってきて表彰式を見る
じゃんけん大会などがありすごく楽しむことができた
小学校を後にし高麗駅から西武線に乗り
池袋でモツ鍋を食べて帰宅
非常に楽しい1日だった

[所感]
初めてのオリエンテーリングで最初は不安があったが
スタートするとその気持ちは吹き飛んだ
そのかわり「早くしなくちゃ」という焦りから冷静さを失ってしまった
昨年末のsusieさん、のりさんのOL講習会と
先週のKocciのOL講習会のおかげで
少し冷静になってからは地図読みも順調でとても楽しかった
結果的にORBクラスでトップタイムを取ることができました
ただ道中かなり疲れて走れなかったので
あとは体力だけだ!!
またぜひ参加したい

長文を読んでくださった方々
ありがとうございました
このサイト内を検索
カレンダー
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
最新記事
参戦記一覧
2014年 参戦記一覧
2010年 参戦記一覧
2009年 参戦記一覧
2008年 参戦記一覧
2007年 参戦記一覧
2006年 参戦記一覧
2005年 参戦記一覧
カテゴリー
アーカイブ
最新のコメント
最新のトラックバック
おすすめアイテム
milestone【マイルストーン】 ヘッドランプ MS-A2 (70ルーメン)
milestone【マイルストーン】 ヘッドランプ MS-A2 (70ルーメン) (JUGEMレビュー »)

小さいながらも電球色LEDと白色LEDを搭載しています。単3電池1本なのもGood。無段階調光機能もあり、状況に応じて明るくしたり暗くしたりできます。電源のロック機能も付いているので不意に点灯することもありません。いつも持って出掛けているライトです。
おすすめアイテム
[OMM]M's カムレイカレースジャケットII<Kamleika-Race-Jacket-II>
[OMM]M's カムレイカレースジャケットII<Kamleika-Race-Jacket-II> (JUGEMレビュー »)
日頃の大会で愛用しているジャケット。OMM JAPAN 2016でも大活躍でした。防寒、レインウェアとしても使えるので、非常に万能です。生地も少し伸縮するので、運動の妨げになりません。
おすすめアイテム
Adventure Race 2015
Adventure Race 2015 (JUGEMレビュー »)
アドベンチャーレース編集部
国内唯一のアドベンチャーレースの専門誌。アドベンチャーレースに興味がある方にオススメ!トレイルランの次はアドベンチャーレースです!今回はMTBの特集。
おすすめアイテム
Adventure Race 2014
Adventure Race 2014 (JUGEMレビュー »)
アドベンチャーレース編集部
国内唯一のアドベンチャーレースの専門誌。アドベンチャーレースに興味がある方にオススメ!トレイルランの次はアドベンチャーレースです!
おすすめアイテム
milestone MS-E1 GXギャラクシー
milestone MS-E1 GXギャラクシー (JUGEMレビュー »)

アドベンチャーレース等で愛用しています。無段階の調光機能がお気に入りです。電球色LEDと白色LEDを状況に応じて使い分けることができます。さらにロック機能もあるので、持ち運びの時に意図せず点灯しているということを防ぐことができます。
プロフィール
PR
カウンター
ブログパーツUL5
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM