<< エクストリームシリーズ第2戦(奥多摩大会) 観戦記 | main | GEAR9 参戦記(その1) >>
2016.11.25 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.05.21 Thursday

BRM516宇都宮400km 参戦記

今回もブルベに参加してきました
先月の宇都宮200kmに引き続き
宇都宮400kmに嫁と参加
400kmに参加するのは2年ぶり


[スタートまで]
最近嫁の調子が良くなく
参加するかどうか悩んだが
嫁の「400kmを完走したい!!」との強い意志により参加を決定

5/16 1:00に和光市を出発し
スタート地点の宇都宮市森林公園に3:30頃到着
すぐに仮眠

6:30頃に起きて
早速受付を済ませ
準備をする

7:00からブリーフィング
今回の参加者は40名くらい
(天候が悪くなりそうなので10人くらいDNSとのこと)

今回のコースは前半200kmが勝負
檜枝岐入口から御池までのヒルクライム 900m upが一番の難所

ということは知っていたが
その他の峠やトンネルについてはほとんど事前調査なし
”行けばなんとかなるでしょ”

CP2の檜枝岐御池に荷物をデポできるので
長袖ジャージとレインウエア(下)と食料をデポ

7:30に森林公園をスタート


[スタート〜CP1(福島県南会津田島)]
ブルベはレースじゃないのでスタートはのんびり
今回もほぼ最後方からのスタート
別段急ぐ必要もないのでゆっくりと行く

今市あたりから日光市に突入
鬼怒川温泉、川治温泉といった温泉地を突き抜けて走る
その間に徐々に高度を稼いでいく

途中で東武鬼怒川線の駅舎などの写真を撮りながら
のんびりムードでブルベを楽しむ
上りでは嫁が遅れるがまだまだ大丈夫そう

それにしても日光市は長い
延々40km以上日光市の中を走る
日光市を出ると福島県に突入

淡々と進んでCP1到着
でも実はこのときすでに12:00になっていて
CPクローズ30分前だった


[CP1〜CP2(福島県檜枝岐御池)]
この区間が今回最大の難所
CP1から一旦下って最初の上りに入る
たぶん300m upくらい
ここで嫁の速度が徐々に遅くなり
有名なママチャリライダーの方に抜かれる

およそ960mくらいまで高度を上げ
檜枝岐村の入口付近まで一気に350mくらいのダウンヒル
徐々に下っているので距離も長い

約600mまで下ったら
そこからは檜枝岐御池までひたすら上り
途中で雨が降ってきたのでレインウエア(上)を着る

檜枝岐村にはエクストリームシリーズで
一度来たことがあったが道は覚えていなかった
徐々に高度を上げていき300m upしたあたりが
檜枝岐村の中心だった

”おぉー、ここ来たことある!!”

来月もエクストリームシリーズで
檜枝岐に行くので
”ここに来るんだろうなぁ”とか
”この辺がコースになるのかなぁ”とか考える

エクストリームシリーズの集合場所の七入駐車場までは
比較的緩やかな上りで
実はそこから先が本当のヒルクライム

七入から御池までが今回の三大難所の1番目
約6kmで500m up する
ここまで130kmを走り嫁も疲れているようだ

嫁の自転車のギアは確か一番軽くても
42×27
このギアはかなりキツイ
自分も正直踏めない・・・
ちなみに自分のは一番軽くて38×27

四苦八苦しながら御池に到着
確かCPクローズ15分前


[CP2〜CP3(福島県南会津田島市街)]
CP2にデポしておいた食料を食べ
長袖ジャージに着替えるか悩んだが
”このままでいいだろう”と判断し半袖で続行
後にこの選択が大失敗だった

CP2からは一気に40kmのダウンヒル
来た道を一気に引き返す
ここでタイムの貯金

ダウンヒル後には上りがあり
これが今回の三大難所の2つめ
駒止トンネル上り

もうあたりは真っ暗なのでライトを点灯し黙々と上る
嫁は膝が痛むらしく
時速6km程度しかでない

苦労しながら駒止トンネルを通過して
今度は一気に下る
しかしあたりは暗闇でしかもライトが貧弱過ぎてスピードが出せない
嫁も目が悪くほとんど見えないとのこと

ヒヤヒヤしながら下りきり
南会津田島の中心部を走る
CP3まであと3kmくらいと思ったところで
信号の反対側から呼ぶ声が
「CPここだよー!!」
”えぇー、そこなの?”
よく見ると確かに田島のセブンイレブン
危うく通り過ぎるところでした
声を掛けてくださった方、ありがとうございました

この区間で約1時間の貯金をすることができた


[CP3〜リタイア(福島県白河)]
CP3で結構補給をして
このCPでも一緒だったセガワさんとともに
いよいよ今回の三大難所の最後
甲子トンネル上りへ向かう

甲子トンネルへの道は緩やかだが
本当に長い!!
雨も本格的に降ってきて気温も下がってくる

ここで嫁の眠気もピークに達し
走りがふらふらしていてセンターラインを超えてしまうことも
しかも膝の痛みもありスピードは5km/h程度まで落ちる
さすがに歩いた方が速いと判断し自転車を降りる

その頃自分の膝にも異変が!!
”なんか左膝が痛む・・・”

なんとか甲子トンネル入口に着くと
そこがシークレットポイントだった

甲子トンネルから福島県白河まではずーーーと下り
(途中に少し上りはあるけど・・・)
普通だったら楽勝なのだが
今回は雨が降っていて気温も低め
さらに強風
レインウエアを着ていたが
CP2で長袖ジャージを受け取らなかったことを強く後悔
すでに後の祭り

雨・気温・強風で心身ともに打ち負かされ
疲労感が倍増
寒さでガクガク震える始末

”このままだと風邪をひく”

”風邪をひいたら次のレースに参加できない”

”残念だが、リタイヤしよう”

最終的には嫁よりも早く
自分がリタイヤを決意
その旨を嫁に伝え

リタイヤ確定

リタイヤすることを同行してくださったセガワさんに伝え
セガワさんはCP4を目指し走っていった


[リタイヤ後]
リタイヤを決意したからといって
ここでブルベが終わるわけではない
家に帰るまでがブルベとはよく言ったもので
それからの行動も労力を要する

とりあえず寒いので一番近いコンビニへ行き
主催者に電話し正式にリタイアが確定
その後、コンビニで近くに
ビジネスホテルか健康ランド的なものを探す
でも見つからないので雨の中を白河駅方面へ向かう

白河駅付近に来たが見つからず
新白河駅方面へ行く
嫁の膝は限界を超えたので自転車に乗れず歩く

新白河駅近くの東急インに行くが満室
他のビジネスホテルを探し彷徨う
最後にルートイン白河があったので
まずは携帯で電話すると1室あいてるとのこと
雨の中、自転車押してなんとかホテルに到着
すぐにチェックイン
このとき深夜2:00

でも寝て起きたらすべてが丸く収まるわけではない
車とCP2へのデポ荷物を宇都宮に取りに戻らなくてはならない

2:30就寝
5:00起床

嫁をホテルに残し
単身レインウエアを着て
新白河駅5:28発の電車に乗り宇都宮市森林公園を目指す
宇都宮に6:30頃到着
そこからタクシーで森林公園へ行き
スタッフの方から荷物を受け取る

間髪入れずに車に乗り込み
今度は東北自動車道を白河に向けて走る
9:00前にホテルに戻り
朝食を取ってチェックアウト

眠気と戦いながら東北自動車道を東京に向けて走り
13:00頃に家に到着


[所感]
ブルベで長距離を走るのは楽しく辛いけど
リタイアしたあとのブルベは楽しくなく辛い

山の気温を舐めてはいけない
念には念を入れるべきだった

もう一度400kmにチャレンジしたい!!


大会名:BRM516宇都宮400km
主催:AJ宇都宮
日時:2009年5月16日(月) 07:30〜
場所:栃木県宇都宮発着(栃木県・福島県・茨城県)
天候:曇/雨
クラス:400km(230km地点でリタイア)
記録:16時間30分(リタイア)
2016.11.25 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
このサイト内を検索
カレンダー
<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
最新記事
参戦記一覧
2014年 参戦記一覧
2010年 参戦記一覧
2009年 参戦記一覧
2008年 参戦記一覧
2007年 参戦記一覧
2006年 参戦記一覧
2005年 参戦記一覧
カテゴリー
アーカイブ
最新のコメント
最新のトラックバック
おすすめアイテム
milestone【マイルストーン】 ヘッドランプ MS-A2 (70ルーメン)
milestone【マイルストーン】 ヘッドランプ MS-A2 (70ルーメン) (JUGEMレビュー »)

小さいながらも電球色LEDと白色LEDを搭載しています。単3電池1本なのもGood。無段階調光機能もあり、状況に応じて明るくしたり暗くしたりできます。電源のロック機能も付いているので不意に点灯することもありません。いつも持って出掛けているライトです。
おすすめアイテム
[OMM]M's カムレイカレースジャケットII<Kamleika-Race-Jacket-II>
[OMM]M's カムレイカレースジャケットII<Kamleika-Race-Jacket-II> (JUGEMレビュー »)
日頃の大会で愛用しているジャケット。OMM JAPAN 2016でも大活躍でした。防寒、レインウェアとしても使えるので、非常に万能です。生地も少し伸縮するので、運動の妨げになりません。
おすすめアイテム
Adventure Race 2015
Adventure Race 2015 (JUGEMレビュー »)
アドベンチャーレース編集部
国内唯一のアドベンチャーレースの専門誌。アドベンチャーレースに興味がある方にオススメ!トレイルランの次はアドベンチャーレースです!今回はMTBの特集。
おすすめアイテム
Adventure Race 2014
Adventure Race 2014 (JUGEMレビュー »)
アドベンチャーレース編集部
国内唯一のアドベンチャーレースの専門誌。アドベンチャーレースに興味がある方にオススメ!トレイルランの次はアドベンチャーレースです!
おすすめアイテム
milestone MS-E1 GXギャラクシー
milestone MS-E1 GXギャラクシー (JUGEMレビュー »)

アドベンチャーレース等で愛用しています。無段階の調光機能がお気に入りです。電球色LEDと白色LEDを状況に応じて使い分けることができます。さらにロック機能もあるので、持ち運びの時に意図せず点灯しているということを防ぐことができます。
プロフィール
PR
カウンター
ブログパーツUL5
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM