<< GEAR9 参戦記(その3) | main | 第24回サロマ湖100kmウルトラマラソン 参戦記 >>
2016.11.25 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.06.21 Sunday

エクストリームシリーズ第3戦(尾瀬檜枝岐大会) 参戦記

エクストリームシリーズ尾瀬檜枝岐大会に参加してきました

キヨシーズはナリタ・ハラ君・ヒロシの3人で出場

自分は今回【とれいるざんまい】で出場
・ボス(ビール大魔神)
・すっぎーさん(ハセツネ2連覇経験者)
・たけぷー

今回のチームの目標は
「楽しく完全完走」
しかし、チームメイトがボスとすっぎーさんなので
優勝争いにからまなくてはと少しプレッシャーを感じていた
体力の一番低い自分が最後までもつかどうかでチーム力が決まる


[スタートまで]
前日にすっぎー家へ行き前泊
寝るまで翌日のレースについて話をする
このときボスはビール5本を飲む
3:30に起床してすっぎー家出発
檜枝岐までは約3時間30分
7:30頃現地到着
キヨシーズはすでに現地に到着していた

準備をして受付を済ませ
所定の場所にMTBを置く

9:00からブリーフィング開始
パスポートを見るとCPが19まである
いつもよりも多め
しかもリモート(無人)CPがたった4つ
CP11の制限時間が13時
10時スタートなので3時間以内にCPを11個も取るということは
1つ1つの間隔が狭くルートの自由度も少ないことが想像できた

実際に地図が配られて見ると全体を通してルートはほぼ1本
蛍光ペンで地図にルートを書き込む
難しそうなのはCP14あたりと見当をつける
その後、CPが設置されている高度も等高線を見て地図に書込む
このちょっとした作業があとで役に立つ

そしてスタートを待つ


[スタート〜CP6(トレッキング)]
10:00スタート
スタート場所は尾瀬檜枝岐温泉スキー場
CP1〜CP3はどこからとっても構わないので
CP1,3,2と取りに行く
CP1はスキー場リフト乗り場
スキー場を一気に直登
腰丈くらいの草が茂っているが道があった
トップでCP1を取り
こんどは一気にスキー場を下りCP3へ
CP3,2は難なく取ってCP4を目指す

CP4へは廃道を行く
地図から廃道の入口の場所は分かっていたが
現地に行くとそれらしいところが無い
檜枝岐村民の方に聞くと「そこにあるよ」とのこと
よーく見ると確かに道があった!!
そこから廃道を進み沢に出る
この沢から壊れかけた木段を登ったところがCP4なのだが
木段が見つからない
いったん沢の上流へ向かい探すが無い
そこで下流を探すと木段発見!!
木段を上っていくとCP4があった

CP5へはさらに廃道を進む
途中で道がかなり不明瞭になるが前進あるのみ
途中で地図上での位置を見失い若干ロストしたが
CP5もなんとか発見
さらに道を進んで舗装路に出てCP6にトップで到着
2位とは1分差くらい


[CP6〜CP11(村中オリエンテーリング)]
檜枝岐村中の4ヶ所に設定されたポイントをまわり
ポイントでスタンプをもらうというもの
CP8,7,9,10とまわる
CP10(民宿・檜扇)に用意されていたつめた〜い麦茶は最高でした!!
CP11がある中土合公園に入ったが
河川敷にあるはずのCPが見つからない
すっぎーさんが地図から「あっちだ!!」と
正規の方角を見て取りCP11到着


[CP11(チームチャレンジ)]
イワナのつかみ取り
軍手をして川に入るが魚影がぜんぜん見えない・・・
岩の間とかに手を入れるとなんとなく魚にあたる
しかし取れない・・・
そうこうしているうちなんとか課題クリア


[CP11〜CP16(トレッキング)]
この区間が今回のメインステージ
CP12まではルートがあるので難なく到着

CP12から先には道が無い
CP13は1410mの山のピークにあるので
尾根伝いに上がっていく
尾根を外さなければいいので気分的に楽
傾斜はところどころ急
すぐ後ろにはKIWAMIがいる
CP13の次のCP14への分岐を見ておくため地形と高度を気にする
地図通り1350m地点で西からの尾根と合流
CP14へ行く際はここから西の尾根に入り下ることになる
その地点からさらに60mほど上りCP13到着

CP14へ向けて来た道(藪?)を引き返す
下るときにKIWAMIとすれ違う
”ほんの少しだけ離れたかなぁ”
CP14は沢の中にある
西の尾根を下りて行き
途中で沢に下りてCP14を取る予定を立てていた
先ほど見ておいた1350m地点まで一気に下りて
西の尾根に入るため西に向かう
ここでボスが下に見える沢を見て
「沢行けるんじゃない?」と言った
見ると確かに沢の中は背の低い植物が生えてるだけで
かなり進みやすそう

「行けるとこまで沢の中を下りていき、ダメなら尾根に戻ろう」
ということになり、沢の中を下りる

沢の中はすごく快適に下れる
沢を選択して大正解!!
そのまま沢の中を下っていく
事前に地図に書込んであったCP14の高度を気にしながら下る
予定通りおよそ1050m付近でCP14を発見
その後CP15へ

CP15はチームチャレンジポイント
檜枝岐村歌舞伎舞台で歌舞伎の一節を3人で暗記して言う
約5分かけて暗記して
さっそく解答
危ないところもあったけどなんとかクリア
ここで後ろのチームに追いつかれるかと思ったけど来なかった
後で聞いたところによると他のチームは西の尾根を下ったらしい
どうやら沢を下ったことによってだいぶアドバンテージを得ていたみたい
課題を終えてCP16へ向けて舗装路を走る

途中の自販機でコーラを買い
さらに走ってCP16に到着
いおりさん、もっちゃん、あきこさんの声援を受ける


[CP16〜ゴール(MTB)]
やっと本日初のMTB
ルートは舗装路をずーっと上って
さらに林道をずーっと上って
そして折り返してくるコース
だいたい500m upくらい

MTBに乗って舗装路をCP17に向かって上っていく
乗り始めてすぐに足が攣る
速度も遅くなる
そこにボスが横に来て腰を押してくれる
するとぐんぐん進む

初めて押してもらったが
押し恐るべし!!

その後もずーっと押してもらってCP17到着

そこからCP18へは林道を行く
そこもずっと上り

林道を行くが力が入らない
速度も上がらず
さらにふらふらしてくる
指の先も痺れてきた
(ハンガーノックの前兆?)

ふらふらしていたが
なぜか地図上での現在位置は常に把握していた

ボスから
「あと20分がんばれ!!」
「あと2kmだ!!」と声をかけられる

同様の言葉はキヨシーズで出場するとき
自分がヒロシにかけていた

それを今回はボスよりかけられる
この言葉で”ここまで来たんだから諦めるものか”という気持ちになる

「ボスの言葉」と
「CPまでの残りの高度」と
「地図での残りの距離」を励みに
必死に漕ぐ

CP18の1km手前で後ろにいるはずのすっぎーさんがいなくなる
すっぎーさんを探しにボスが引き返す
自分はゆっくりとさらに上る

少しすると2人が上がってきた
どうやらすっぎーさんは両足が完全に攣ってしまい
動けなかったらしい
そこにボスが駆けつけて復活
”みんな苦しいんだなぁ”

3人合流して少し行くとCP18到着
気持ち的にはここでゴール
あとはずーーーーっと下るだけ

今走ってきた林道を気持ち良く下る
途中でたくさんのチームとすれ違う
あっという間にCP19に到着

その後舗装路を一気に下る
舗装路の下りは超快適
気持ちいいぃぃぃぃぃ
最後のコーナーを曲がり
少し走ったところでゴールが見えた

舗装路からゴールのある草地に入った
その瞬間
”なにぃぃぃぃ〜!!”
ゴールまであと10mというところでなんと両足が完全に攣る
痛いながらもペダルを回し
ゴーーーーール!!
エクストリームでは初めてのトップゴール
すべての力を出し尽くした

ゴール後は両足を攣っていたので動けず
そのまま草地に横たわる
”動けない・・・”
こんな経験は初めて
キツかったけど充実感いっぱい

5分ほど横たわってなんとか動けるようになり
3人で写真を撮ってもらう
これでエクストリームシリーズ檜枝岐大会のレースは終了

後で聞けば3人とも少なからず道中で足を攣っていたらしい


[所感]
なんとか最後まで走りきることができ
ホッとしている

ボスの体力は恐るべし
後半は自分かすっぎーさんをずっと押していた
しかも補給食はカーボショッツ1本とゼリーのみ

すっぎーさんは体調が悪いといっていたが
やっぱり速い
MTBではぜんぜん追いつけなかった

藪漕ぎのためにロングスリーブを着ていった
これは大正解
腕に傷が付くことなく快適

食べた補給食は
・カーボショッツ3本
・ゼリー1口
・あめ3個
・エンライテン2枚
これだけだったので終盤でハンガーノックになりかけた
もっと積極的に食べなきゃだめだなぁ

水分は今回も100%グレープフルーツジュース
2L持って行ったが終わったときに1L残っていた
もっと水分も積極的に飲むべきだった

今回初めて総合優勝することができた
終盤のMTBはキツくて何度も休もうかと思ったが
ボスの励ましにより休まず走ることができた
この経験をぜひキヨシーズに活かし
今度はキヨシーズで優勝をしたい
(キヨシーズは総合3位(3回)が最高位)

奥多摩大会はスタッフとして
そして今回は優勝チームとして
エクストリームシリーズをいろいろな点で経験しました
この経験を今後のレースに活かしていきたい


檜枝岐大会の名物バーベキューは最高でした
量も多くてすごく美味しい!!
いろいろな方と楽しく話をして
表彰式でサロモンのザックを頂きました
新しいザックが欲しかったので
”うれしいーーーー!!”

選手のみなさんおつかれさまでした
スタッフの方々、檜枝岐村の方々
ものすごく楽しい大会とバーベキュー
本当にありがとうございました

スタッフの方々、檜枝岐村の方々
さすがに50チーム分のバーベキューの後片付け
大変だったと思います
本当にありがとうございました

また来年も参加します!!



大会名:エクストリームシリーズ第三戦 尾瀬檜枝岐大会
主催:エクストレモ
日時:2009年6月20日(土) 10:00〜
場所:福島県檜枝岐村周辺
天候:晴
クラス:オープン
記録:-時間--分 総合1位/50チーム



過去の尾瀬檜枝岐大会

2006年 エクストリームシリーズ第3戦(尾瀬桧枝岐大会) 参戦記
2016.11.25 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
このサイト内を検索
カレンダー
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
最新記事
参戦記一覧
2014年 参戦記一覧
2010年 参戦記一覧
2009年 参戦記一覧
2008年 参戦記一覧
2007年 参戦記一覧
2006年 参戦記一覧
2005年 参戦記一覧
カテゴリー
アーカイブ
最新のコメント
最新のトラックバック
おすすめアイテム
milestone【マイルストーン】 ヘッドランプ MS-A2 (70ルーメン)
milestone【マイルストーン】 ヘッドランプ MS-A2 (70ルーメン) (JUGEMレビュー »)

小さいながらも電球色LEDと白色LEDを搭載しています。単3電池1本なのもGood。無段階調光機能もあり、状況に応じて明るくしたり暗くしたりできます。電源のロック機能も付いているので不意に点灯することもありません。いつも持って出掛けているライトです。
おすすめアイテム
[OMM]M's カムレイカレースジャケットII<Kamleika-Race-Jacket-II>
[OMM]M's カムレイカレースジャケットII<Kamleika-Race-Jacket-II> (JUGEMレビュー »)
日頃の大会で愛用しているジャケット。OMM JAPAN 2016でも大活躍でした。防寒、レインウェアとしても使えるので、非常に万能です。生地も少し伸縮するので、運動の妨げになりません。
おすすめアイテム
Adventure Race 2015
Adventure Race 2015 (JUGEMレビュー »)
アドベンチャーレース編集部
国内唯一のアドベンチャーレースの専門誌。アドベンチャーレースに興味がある方にオススメ!トレイルランの次はアドベンチャーレースです!今回はMTBの特集。
おすすめアイテム
Adventure Race 2014
Adventure Race 2014 (JUGEMレビュー »)
アドベンチャーレース編集部
国内唯一のアドベンチャーレースの専門誌。アドベンチャーレースに興味がある方にオススメ!トレイルランの次はアドベンチャーレースです!
おすすめアイテム
milestone MS-E1 GXギャラクシー
milestone MS-E1 GXギャラクシー (JUGEMレビュー »)

アドベンチャーレース等で愛用しています。無段階の調光機能がお気に入りです。電球色LEDと白色LEDを状況に応じて使い分けることができます。さらにロック機能もあるので、持ち運びの時に意図せず点灯しているということを防ぐことができます。
プロフィール
PR
カウンター
ブログパーツUL5
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM