<< 信越五岳トレイルランニングレース申込み | main | 来週は大田原マラソン >>
2016.11.25 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.09 Wednesday

エクストリームシリーズ最終戦(奥大井大会) 参戦記

 エクストリームシリーズ奥大井参戦記

今回も前回に引続き
「とれいるざんまい」で参加
メンバー
・ボス(ビール大魔人)
・シゲさん(オリエンティア)
・たけぷー

もし優勝できれば2戦連続優勝となる


[スタートまで]
大会2週間前の北アドのときにボス、シゲさんより
声を掛けられ参戦決定

大会前日22:00に和光市駅集合
そこから環八を南下し、東名で静岡へ
静岡から大会会場となる川根本町へ下道で行く
それにしても道が細く遠い!!
とても山深い
しかしとても良い所

2:00に大井川鐵道千頭駅裏にある道の駅「音戯の郷」に到着
そこでテント泊

7:00起床
朝食をゆっくりと取り
準備をして会場の八木キャンプ場へ

会場に着くとすぐに受付、装備チェックを済ませる
今回の出場チームは60チーム以上!!
決して交通の便が良いところではない場所に200人弱が集結
”エクストリーム、すごいなぁ”

いつもの通りブリーフィング後
地図が配られる
今回はA3地図1枚
ざっと見た感じ地図読みが難しいところはなさそう
(地図通りに道があれば・・・)
しかし、MTBで700m up
さらに、トレッキングで300m up
”ん〜、パワーコースだなぁ”

地図に蛍光ペンでコースを描き入れ
スタートを待つ


[スタート(チームチャレンジ)]
最初は恒例のチームチャレンジ
今回はクジを引いて紙に書いてある言葉から
しりとりをして5回繋げるというもの
ただし、しりとりで使用できる単語は
身につけたモノなどすぐに提示できるものに限る

紙に書いてあった言葉は忘れたが「〜な」だったので
「な」からスタート

3人で歩きながら考える

結果
・ナップサック
・くつ
・つめ
・めだま
・まつげ

これでOKをもらう
だいたい20位くらいで終了


[スタート〜CP6(MTB)]
MTBに乗りスタート地点を颯爽と飛び出す
CP1へ向けては何も迷うところはないので突き進む
途中、工事中区間があり重機を操作するおじさんに挨拶して
MTBを担いで通過
CP1,2と順調に通過しいよいよ本格的上りに入る
ボスがシゲさんを押し、その後から自分が付いていく
このあたりも迷うところはないのでただただペダルを回す

CP4へ向かうときに民家から犬が飛び出してきて
ワンワン吠えながら迫ってくるので
「うぉ〜、うぉ〜」と威嚇したら逃げていった
”こんなところで噛まれたらテンションガタ落ちだなぁ”

犬ポイントあたりから上りがきつくなり
ボス、シゲさんから若干遅れ始める
後からはぐんぐんとKIWAMIが迫ってきて
あっさりと抜かれる
”KIWAMIの牽引力、すごすぎ!!”

がしがしペダルを回し心拍数高めで走っていると
ふいに腹の底からこみ上げるものが・・・
”もう、この時が来たかぁ。早すぎるーーー”
軽い吐き気に襲われる
斜度が軽くなると吐き気も治まるが
きつくなると吐き気が再び襲ってくる
低ナトリウム血症を懸念して
携帯していたごま塩を食す

ここまでは舗装路だからよかったが
いよいよダートに突入
ふらふらになりながら走る
シゲさんも懸命に走る
MTBから降りて押したい衝動に激しく駆られるが
そういう雰囲気ではない
ひたすら我慢我慢の乗車

途中道の分岐で
コナ・ウィン、サニーサイト信州が立ち止まっていた
地図にはない道との合流点
ちょっと迷ってから左方向に進んだ
しかし、ほどなく道はなくなり
戻って右に進む

CP5手前で林道は終了し
そこからは担ぎ区間
本来、担ぎは好きなのだが
今回は辛かった・・・
主催者の我部さんが写真を撮っていたので
思わず「今回のコース厳しいです」と愚痴を漏らす

CP5からは快適な下り
今までの上りの鬱憤を晴らすかのように
楽しんで下る

CP5からCP6まではかなり長い区間であったが
MTBに乗車しながらポイントとなる箇所を把握をするため
地図読みをしていたので立ち止まることなく
一気に進むことができた

CP6到着はコナとほぼ同着で4位


[CP6〜CP9(トレッキング)]
CP6にMTBを置き智者山山頂を目指す
だいたい250m up
MTBの疲れから、調子が出ない
山道に沿って上り
途中から尾根に沿って上がる
ほどなくCP7到着

ここからは気持ちいい尾根を
天狗石山目指して進む
かなり走れる場所も多く楽しい

しかし、ここでシゲさんに異変が!!

両足を攣ってしまい
「うぉ〜」っと雄叫びをあげる
すぐさまボスが秘伝の塗り薬を取り出し塗り込む
(ボスによると香港で入手したタイガーバームだとか・・・)

すると今度は後方からも
「うぉ〜」という雄叫びが!!
コナのメンバーも足を攣ってしまったらしい
”みんなきついんだなぁ”

ボスの薬が功を奏しシゲさん復活
再び先を目指す
途中でCP8を取り終えたEAST WIND,KIWAMIをすれ違う
”差は20分くらいだろうか”

自分たちの前にはサニーサイト信州がいる
しかしCP8に到着するまで会わなかった
どうやら、CP8からCP9へのルート取りが他と違うみたい

自分達はCP8からCP9へ来た道を戻っていく
コナとすれ違うときに先ほど叫んでいた方にボスの秘薬を塗る
その後、クロマニオンズや顔見知りチームとすれ違う

CP9へ向けた最後の下りは楽しかったが
太ももの前面が終始張りっぱなしの
いつ攣るかわからない一触即発状態だった

CP9に着くと
サニーサイト信州がMTBの準備をしていた
自分たちも準備していると
クロマニオンズが到着
”えっ、もう戻ってきたの〜!!”

この時点で変わらず4位


[CP9〜CP11(MTB)]
CP9からCP10が今回一番ドラマがあった区間
地図では1本の山道を下りて行けば
簡単にCP10に到着
そんな感じで書いてあるのに
実際はそうではなかった・・・

CP9を出て300m付近に分岐があった
ボスが直進しようとしたとき
「たけぷー、こっちであってるかぁ?」と言われ
疲れからかあまり考えもせずに「合ってまーす」と答えてしまう
内心”なんか方向が違うような・・・”
(実はこのとき、ボスには自分が地図読みをサボっていたのがバレていた)

すると前方からKIWAMIが戻ってくる
本来は西に向かわなければならないのに
どうやら道の方向が東向きになっていて
明らかに方向が違うとのこと

先ほどの分岐まで戻って
再度地図を読む
方向的には違う気もするが道はそれしかないので行ってみる
3チームが快適に下っていくと
なんと、その道はさっき間違った道の先と合流していた
方向も正規ルートとは明らかに違う・・・

みんな再び分岐まで戻らないといけないかとあきらめかけた
そのとき!!
ボスの野生の嗅覚が新たなシングルトラックの臭いを嗅ぎつける
他のチームの選手も
「そんなところに道があったのかぁ〜!!」

発見した道は快適はシングルトラック
みんなでこの道を南下する
途中で林道にあたったが、どうもこの林道も正規ルートとは違う
ここでサニーサイト、KIWAMI、とれいるざんまいは別々に行動

さらに南西に向かう道を探索開始
するとボスがなぜか北向きの尾根を進んでいく
シゲさんと自分は明らかに方向が違うので進むのをためらう
ボスは藪の中をどんどん進んでいく
シゲさんと自分は進むのを止め、西の方角に道がないかを探す

すると藪の向こうから
ボス「こっちに来い!!」
たけぷー「そっちは方向違いますよー」
ボス「いいから、こっちに来い!!」

行ってみると再びシングルトラック発見
ボスの野生の嗅覚恐るべし!!
このシングルトラックも快適
そして、正規ルートに出る

あとは下ればCP10
所々に石が目立つシングルトラック
最初は楽しかったが徐々に集中力が切れ
危うい場面が何回かあった

どうやらそれはシゲさんも同じらしく
途中転倒しメガネが壊れてしまう
応急処置をしている間にサニーサイトとKIWAMIが通過

その場所から少し下ったところでCP10発見

CP10からさらに下り
河川敷に出るとCP11が見える
CP11に到着すると
クロマニオンズが先着していた
”速い!!ほとんどロスト無しでここまで下りて来たんだなぁ”

この時点でも4位


[CP11(カヌー)]
このステージはカヌーに乗って
橋の下に吊してあるクイズを読み戻ってくるというもの

早速、1艇に3人が乗艇し出航
川の水位はとても低い
橋の下は艇の底が擦ってしまうくらいなので
自分が下りてクイズを見に行く
この選択が後の順位を大きく変動させてしまう

クイズを見ると
「千頭駅を出発するSL(蒸気機関車)は14:58と何時?」といもの
”14:58と何時ってことはSLは1日2本っていうことだな”
なんて簡単なクイズなんだと思いながら
念のため再度クイズを確認
そして戻りはカヌーを後から押して戻る


[CP11〜CP13(トレッキング)]
CP12は山の中腹
山道の途中にあり、難しくはなさそう
ただし特徴的な場所ではないので
ポイントの前から注意深く周囲を見回す必要がありそう

主催者の我部さんから
「途中までMTBで行ってもいいですよ」と言われる
しかし、結局CP13はここに戻ってくるし
半分以上が山道なので
走って取りに行くことにする

サニーサイト信州の後に付いて山道を行く
途中、道の上にMTBが3台置いてあった
”これって、EAST WINDのMTB?”

もうすぐCP12というところで前にいるボスに
「CP12まであと500mほどです」と言う
しかし、CPが見つからない
どんどん先へ進むが見つからない
”もしかして見逃したか!?”
もしくは
”これはいわゆるガベってる状態か!?”

エクストリームの常連なら知っている
【ガベってる】(地図の位置とポイントがずれている)
今回のCP12はまさにガベってました

体感的には地図上の位置から300mほど離れた場所で
CP12を発見
どうやらEAST WINDは地図を正確に読みすぎたがために
地図上のポイント周辺を探していたのだろう

CP12を取って山を下りる
その後、先ほどのクイズの答えを探すため千頭駅へ
前にはサニーサイト信州が見える
千頭駅に着くとちょうどSLが出発するところだった
めずらしいSLを横目に駅舎に向かって走る

駅舎に入り時刻表を見ると
”SLは1日2本”と思っていたが
”なんと!!たくさんあるじゃないですかー!!”
ここで初めてクイズ自体を読み違えていることに気付くが遅かった・・・
しかたなく14:58の下にある16:15を答えの欄に書き込んで駅を後にする

千頭駅を出ると
サニーサイト信州はなぜか道の駅の方へ
”なんでそっちに行くの〜?”
(後で聞いたら飲み物とトイレ休憩だったらしい)
自分達はCP13に向かって走る

そしてCP13で衝撃の事実が明かされる
なんと他のチームが戻ってきていないらしく
ここでついにトップに立つ


[CP13〜ゴール(MTB)]
ボスのテンションも一気に上がり
「一気にゴールに行くぞー」

MTBを担いで大井川を渡り舗装路をCP14に向けて走る
ここにきて疲れからスピードがあまり出ない
シゲさんは快調
自分はボスに押されながら走る
CP14を取り、残すはゴールのみ

このときの時間は15:15
この日、応援に来ていた46poohさん、tommyさんが
15:30に帰るというのでそれまでにはゴールしたい
みんなに「15:30までにはゴールしましょう」と言う

最後まで力を抜かず追い込む
そしてついにゴールが見え
ゴール!!!!

なんとトップでゴールすることができた

その3分後にクロマニオンズとサニーサイト信州が
ゴールラインを挟んで両サイドから向かってきた
”どういう状況なんだ?”
ゴールライン上で交錯するように両チームがゴール
パスポートの提出の差でサニーサイト信州が先着

その後、EAST WIND,KIWAMIとゴールする
ゴール後は各チームの選手どうしがガッチリ握手
見ていて清々しい光景

自分は疲れ果てて座っていると
なぜか顔が痺れてきた
そのうち手や足も軽く痺れる
どうやら低血糖になっているみたい

[ゴール後]
車に戻って着替えて町営のお風呂へ
町営のお風呂は広くはないが入浴料150円で快適
帰りに酒屋でボスはビールを大量買い
シゲさんががお店の人に
「これ1人で飲むんですよ」と言うと
お店の人ビックリしていた

スーパーで食料を買い
再び会場に戻る
シゲさんのテーブルを出して
KIWAMIの方々としゃべったりして時間を過ごす

20:00から閉会式
自分の中ではクイズの答えがすごく気になっていた

結果、クイズを間違えていてペナルティ15分をもらい
総合4位になる

しかし、ボスとシゲさんからは
「トップでゴールしたんだからそれでいいじゃないか」と
言われ、嬉しくなる

閉会式終了後は道の駅に移動しテント泊
その前にコナが宿泊するコテージにお邪魔して
1時間ほど談笑する
コナのミチムカイさんとボスは年齢が一緒
共にトライアスリートでポテンシャルが非常に高い、
そしてレースに対する考え方も非常に似ている

”この2人が組んだらどういうチームになるのだろうか?”

コテージを後にし、道の駅に移動
すでにクロマニオンズをはじめ多くのチームが宴会をしていた
早速宴会に混ぜてもらい楽しい夜を過ごす
0時頃に眠くなり就寝


[所感]
今回、2戦連続優勝とはいきませんでしたが
みんなで力を出し尽くしたので
非常に満足しています。
(クイズを間違えたのは悔しいですが・・・)

コースは厳しく辛いものでした
スタートからずーっと上りには参りました
レース中、レース後と2,3回
主催者の我部さんに「このコースは厳しいです」と愚痴ってしまいした

地図読みは難しくなかったが
要所で読むことを怠りロストしたのが悔しかった

クイズに関してはクイズを読んだ瞬間から
”SLは1日2本という”思い込みにより大失敗をしてしまった
本当は「千頭駅を出発するSL、14:58の次は何時?」だったそうです

最近アドベンチャー慣れしすぎたせいか
準備もあまり考えずにしてしまいハイドレーションを忘れる
そのため水分はすべてペットボトルに入れたので
飲む際には毎回止まらなければならないことになった
ハイドレーションは偉大だと実感しました



大会名:エクストリームシリーズ最終戦 奥大井大会
主催:エクストレモ
日時:2009年9月5日(土) 10:00〜
場所:静岡県川根本町周辺
天候:晴
クラス:オープン
記録:5時間35分 総合4位/65チーム

2016.11.25 Friday

スポンサーサイト

コメント
ちょっとー、お体大丈夫?
鉄分たくさん飲んできてよー。
この調子じゃ、100k完走できるか不安なり。
  • スミ
  • 2009.09.10 Thursday 15:48
スミさん>
かなり最初から突っ込みすぎて吐き気が・・・
鉄分たくさん取ります
100kmはスローペースで入り
一定ペースを守って必ず完走する!!
  • たけぷー
  • 2009.09.12 Saturday 01:42
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
このサイト内を検索
カレンダー
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
最新記事
参戦記一覧
2014年 参戦記一覧
2010年 参戦記一覧
2009年 参戦記一覧
2008年 参戦記一覧
2007年 参戦記一覧
2006年 参戦記一覧
2005年 参戦記一覧
カテゴリー
アーカイブ
最新のコメント
最新のトラックバック
おすすめアイテム
milestone【マイルストーン】 ヘッドランプ MS-A2 (70ルーメン)
milestone【マイルストーン】 ヘッドランプ MS-A2 (70ルーメン) (JUGEMレビュー »)

小さいながらも電球色LEDと白色LEDを搭載しています。単3電池1本なのもGood。無段階調光機能もあり、状況に応じて明るくしたり暗くしたりできます。電源のロック機能も付いているので不意に点灯することもありません。いつも持って出掛けているライトです。
おすすめアイテム
[OMM]M's カムレイカレースジャケットII<Kamleika-Race-Jacket-II>
[OMM]M's カムレイカレースジャケットII<Kamleika-Race-Jacket-II> (JUGEMレビュー »)
日頃の大会で愛用しているジャケット。OMM JAPAN 2016でも大活躍でした。防寒、レインウェアとしても使えるので、非常に万能です。生地も少し伸縮するので、運動の妨げになりません。
おすすめアイテム
Adventure Race 2015
Adventure Race 2015 (JUGEMレビュー »)
アドベンチャーレース編集部
国内唯一のアドベンチャーレースの専門誌。アドベンチャーレースに興味がある方にオススメ!トレイルランの次はアドベンチャーレースです!今回はMTBの特集。
おすすめアイテム
Adventure Race 2014
Adventure Race 2014 (JUGEMレビュー »)
アドベンチャーレース編集部
国内唯一のアドベンチャーレースの専門誌。アドベンチャーレースに興味がある方にオススメ!トレイルランの次はアドベンチャーレースです!
おすすめアイテム
milestone MS-E1 GXギャラクシー
milestone MS-E1 GXギャラクシー (JUGEMレビュー »)

アドベンチャーレース等で愛用しています。無段階の調光機能がお気に入りです。電球色LEDと白色LEDを状況に応じて使い分けることができます。さらにロック機能もあるので、持ち運びの時に意図せず点灯しているということを防ぐことができます。
プロフィール
PR
カウンター
ブログパーツUL5
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM